HOME玉野JCとは 事業報告スケジュール 委員会紹介 お問い合わせ

委員会紹介

総務室 専務理事 加藤 太郎

60年に亘り、多くの諸先輩方が身をささげて創り上げてこられたからこそ、(一社)玉野青年会議所が存在し、このまちの姿があります。諸先輩方の想いを受け継ぎ、我々の運動が玉野を変えたと次世代から感謝してもらえるよう礎を築き上げる決意です。
青年会議所の大きな魅力は、組織力です。総務室として、組織の力が最大限に発揮されるようメンバーの一人一人の力を組織の力へとつなげ、根幹となる諸会議の円滑な運営、規律の遵守・運用をもって組織を支えることで、より一層、地域に貢献できる組織の実現を目指します。
 そして、我々の運動を力強く展開し、具現化していくためには、地域への情報発信を強化し、共感を広げて、より多くの賛同者を得ることが不可欠です。対話、広報紙による活字に加え、メディアとの情報共有、ホームページやSNS等を有効に活用するなど、多角的で即時性のある運動発信によって(一社)玉野青年会議所の価値を高め、多くの賛同者を得られる広報システムの確立を行っていきます。組織の根幹としての役割を自覚し、青年らしく活気ある組織運営と情報発信を努めて参ります。一年間、宜しくお願い申し上げます。



総務広報委員会 委員長 藤田 健二

 

 60年の歴史を迎える(一社)玉野青年会議所の業務を円滑に行える様に、事業全体を支えます。青年会議所活動をホームページやSNS等の広報活動にも力を入れ、多くの方々に青年会議所活動を知っていただくことで、市民と一体となって地域を活性化させ、より良いまちづくりの為に日々精進して参ります。
入会年数の短い理事メンバーが多くなってきていますので、しっかりとメンバー間のネットワークも構築し、青年会議所の運営をスムーズに行える様に全力で頑張っていきたいと思います。一年間どうぞ宜しくお願い致します。

  事業計画
定例会(1月・6月・12月)
理事・役員会議の運営
三役会議の運営
慶弔及び褒章の管理
JCボックスの管理
LOM会計経理の管理
事務局の運営管理、備品の管理、資料の保存
LOM運営管理
LOM内活動の伴う諸経費の見直し、並びに効率化の推進
対外交渉の窓口対応
広報誌発行
ホームページの管理、広報業務


会員室 室長 藤川 亮仁

近年、メンバーの平均在籍年数が短くなっており、入会3年未満の会員が全メンバーの半数を占めております。これは昔に比べ様々な事を経験・体験する時間が圧倒的に少なくなっており、会員資質の低下につながっているように思います。青年会議所活動には自己成長の為の様々な機会が用意されていますし、参加することで成長が得られます。新入会員が事業等に参加しやすいように環境づくりを行い、積極的に参加する事で自分の成長に繋げていける様に行動して参ります。
 また、会員数も二十数名と減少傾向にあります。青年会議所の魅力は一人ひとり感じ方が違うと思います。人との繋がり、まちづくり、自己成長等々、様々な魅力があります。その魅力をメンバーが積極的に発信していける様になれば、魅力ある青年会議所になり同じ志をもった人々が集う場所になります。一人でも多くの同志が集まるように率先して行動して参ります。
 どうぞ1年間よろしくお願いします。



会員拡大開発委員会 委員長 吉田 猟

 

会員拡大開発委員会の担いは、「明るい豊かな社会」の実現のために一人でも多くの同志を募ることです。そのために2つの取り組みを行います。まず、会員拡大です。会員拡大につきましては、(一社)玉野青年会議所の魅力を広く発信することと、我々の活動に興味を抱かせ候補者とじっくりコミュニケーションを図り、候補者の立場に立った入会意義を見出すことで会員拡大に繋げます。
 次に、新会員の育成です。これからの青年会議所活動を実り多いものとするための第一歩として、新会員のモチベーションを高め、事業への積極的な参加を促していきます。そしてJAYCEEとしての土台を築くべく、事業を通じて三信条である「修練・奉仕・友情」を感じてもらい、取り組む姿勢や接遇面、設営の基礎をしっかりと習得し、自己成長の機会が得られる委員会運営を行っていきます。
 歴史ある団体の一員としての自覚を持ち、良き発想をもとに魅力ある事業を実現していけるように一年間邁進致します。



事業計画
TALK・TALK JC
定例会(2月、9月)
新会員アトラクション
3JC合同例会(4月 西大寺)
次年度理事長を励ます会
卒業生を送る会
会員研修タイム(通年 定例会)
各種大会の案内並びに手配
LOM内各種懇親会等


ひとづくり室 副理事長 岩崎 康博

 近年、(一社)玉野青年会議所では、会員数の減少や平均在籍年数の低下が進んでいます。
会員数が減少すること、また、平均在籍年数が低下することで、これまで多くの諸先輩方が築きあげてくださった、誇りと伝統を引き継ぐことが困難な状況となったり、団体の魅力低下にもつながることが懸念されます。このようなことから、会員拡大と人材育成を喫緊の課題として、取り組んでまいります。
 まず、メンバー全員が、「会員拡大が組織の最優先項目である」と認識し、組織全体で会員拡大を進めてまいります。会員数を増加し、青年会議所の運動をより大きく、魅力的に展開させることで、これからも地域から必要とされる団体であり続けます。
 次に、人材育成については、メンバー一人ひとりが情熱と行動力を持ち、チャレンジすることができる環境をつくることで、JAYCEEとしてだけでなく、青年経済人として活躍できる人材を育成してまいります。
 (一社)玉野青年会議所が、人として成長できる団体であることが認知されることで、ひいては会員拡大にもつながるものと考えます。我々は、これからもまちづくり・ひとづくりの中核をなす団体として、まちの未来を考え、笑顔を創ってまいります。


未来を創るリーダー育成委員会 委員長 市川 靖典

 本年度、相賀理事長から未来を創るリーダー育成委員会の委員長を拝命致しました。現在、経験年数が少ないメンバーが多い中、このまちを発展させる為に、何が必要であり、どの様な人材を育てていくべきかを念頭に置き、4つの例会事業を行います。個々の能力を高め、高い気概を持ちながら、玉野の未来に向かってチャレンジしていけるリーダーを育成することを目標といたします。
 また、我々は青年会議所のメンバーである前に、ひとりの社会人です。社会人としてふさわしいマナーを身に付け、リーダーとしての資質を向上させてまいります。本年度は初委員長という事で、至らぬ所が多々あると思いますが、精一杯頑張りますので宜しくお願い致します。


事業計画
 定例会(3月、5月、7月、10月)




青少年育成・地域創造室 副理事長 森 敦

 

穏やかな瀬戸内海と緑あふれる山々に囲まれ、気候条件も良い玉野エリア。しかしその恵まれた場所で育ち、また住む人々は、自分たちのまち・故郷を自慢できるところと捉えられているのでしょうか。我々はこのまちの明るい豊かな社会を築き上げるために行動していかなくてはなりません。

まずは、まちづくり事業を通じ積極的に地域と関わることによって地域の課題を肌で感じ取り、このまちに笑顔を増やすためにはどうすれば良いのかを考え、行動していきます。そして、皆が夢や理想を実現できるようなまちにしていきます。さらに青少年育成事業では未来に向け時代を担う子どもたちのため、このまちの歴史や文化を学び継承し誇りを感じてもらうことのみならず、人として本当に大切なこと、「道徳心」も身に付けられるような事業も展開して参ります。

60周年という節目の年を迎えるに辺り、理事長所信を軸に全室・全会員と密に連携を取り事業を展開していくことによって、我々は新たな一歩を踏み出し、次代の礎を築いて参ります。

玉野の未来創造委員会 委員長 宮﨑 晋一

60年とう長い年月の中、地域に存在する団体として、青少年の育成・まちの活性化にどれだけ貢献できているのか。人口の減少や、高齢化の進展、まちの衰退、多くの課題がある中でしっかりと現実を見つめ、まちに未来の玉野に必要な事は何か?一つひとつの問題に真剣に取り組み、チャレンジしていくことが我々の使命です。

 玉野は、穏やかな瀬戸内海と緑あふれる山々に囲まれている自然豊かなまちです。我々の住むこのまちに明るい豊かな社会を実現させる多くの財産が埋もれています。このまちの素晴らしさを、県内・県外に発信し次世代の玉野を担う未来の子どもたちへ継承していく事業を展開して参ります。

 最後に、在籍年数が短い会員が多いく会員数も減少傾向にありますが、諸先輩方のお力添えのもと、60周年という節目の年を5年10年先の玉野の未来を創造し次代への礎を築いて参ります。



事業計画

定例会(8月)
日韓少年少女絵画展
たまの・港フェスティバル
リフレッシュ瀬戸内
愛の献血
第5回玉野JCサッカー大会
玉野まつり おどり大会参画
玉野まつり 花火大会参画
統營青年会議所対応
サッカー大会協賛金


60周年プロジェクト室 副理事長 朝田 丘

先輩諸兄が築いてこられた60年という長い歴史と「玉野JC」というブランド、しかし現在その活動や団体としての知名度は低下の一途を辿っています。JCしかない時代から移り変わり、今JCの存在意義が問われています。この節目となり、分岐点ともなり得る1年、理事長所信を軸に、角田実行委員長を中心として、「玉野JC」らしい事業を企画、展開して参ります。

現在、多くの団体が様々な形で地域を盛り上げようと活動しています。一方で、全国的な問題と同様にこの地域でも雇用創出、少子高齢化、人口減少など多くの課題を抱えています。今一度原点に立ち返り、地域の課題に向き合い、この地域に住む人達の声に耳を傾け、決して自己満足や独りよがりにならない、つまり地域の人達に喜んで頂ける事業を開催したいと考えております。それは一過性のイベントではなく、形として残るもの。地域のためになり、かつ市外から人を呼び込めるような事業です。多くの観光資源がある中、瀬戸内芸術祭など大きなイベントの際、この地域は単なる通過点となっています。この現状を打破すべく、地域の問題に真摯に取り組み、自ら解決に向けて行動し、地域の良さを具現化する運動を展開して参ります。



60周年実行委員会 委員長 角田 智広

 
 先輩諸兄の努力の賜物である「玉野JC」が、今年創立60周年を迎えます。一方で、現在玉野市は大変な危機に直面しています。少子高齢化、人口減少など、玉野を愛する市民の減少の果てには、2040年消滅可能性都市にまで上げられ、20歳から39歳の女性が現在の半分以下になるという推計も公表されています。我々は、この問題に向き合い、「玉野JC」らしい事業を企画、展開して参ります。

この60周年という節目の年に記念事業を開催致します。それはイベントの様な一過性のものではなく、移住、定住などに繋がる、一つの形として残す事業にしていきたいと考えております。

そして、このまちの魅力を発信することで、市外へ出て行く人を減らし、住みやすく明るいまちに変えていけるよう尽力して参ります。

事業計画
定例会(11月)
60周年記念式典・祝賀会
60周年記念事業
60周年記念誌